税理士になるにはどんな勉強をするの?

高度資格の取得を支援するインフォメーションサイト

税理士試験の特色及び資格取得の目指し方

税理士とは税理士資格を有し登録をした者

企業経営において税金の納付が必須であることから、税務全般の諸手続きを代行可能な税理士は、財務と税務の双方に造詣の深いエキスパートであることはもちろん、それらの業務に携わるにあたって国からの税理士資格の認可と税理士としての登録を求められることになります。

厳密に税理士を定義する場合、税理士資格の保持と税理士登録を行った人物となのですが、財務や税務関連の事務仕事を行うためには、税理士事務所として適性数の税理士資格保持・登録者の登用が必要となるものの、税理士事務所の所属に限れば、必ずしも税理士資格を求められず、税理士事務所に勤務し、税理士業務のサポート業務が可能なだけの知識を有しているからといって、税理士資格保持・登録者であるわけではありません。

資格取得の前提条件となる受験資格の取得

税理士資格を取得して税理士登録を行い税理士になるためには、税理士資格の取得が欠かせませんが、税理士資格は受験料さえ納付すれば、無条件で受講可能な資格試験とは異なり、受験者に一定の資格を求められる資格試験となっており、学歴と職歴、資格の三つの要件から一つを満たすことで受験資格を得ることが可能です。

大まかにまとめてしまいますが、学歴なら法律学か経済学の一科目以上を履修したことを前提に大学・短期大学卒者と六二単位を取得済みの三年次以上の在学者及び、公認の専修学校の専門課程修了者等が資格者となり、職歴の場合、法人・事業所、銀行・保険会社の等での二年以上の会計・財務事務への従事、もしくは弁護士・公認会計士・税理士事務所などでの二年以上の補助事務への従事となり、日商簿記一級とそれに準ずる簿記資格に加え、司法試験合格者や公認会計士試験のマークシート試験(いわゆる一次試験)合格者も資格者と見做されます。


この記事をシェアする