税理士になるにはどんな勉強をするの?

高度資格の取得を支援するインフォメーションサイト

受験科目の選び方を考える

勉強を始める前に受験科目を決める

資格取得を意識していたり、法学や経済学を専攻していたりしなければご存知ないかも知れませんが、税理士資格は必須科目二つに選択科目三つを加えた五つの科目を受験して合格しなければならず、必須科目は会計科目に類する簿記論と財務諸表論で、選択科目は税法科目に類される所得税法・法人税法、相続税法、消費税法・酒税法、固定資産税、住民税・事業税、国税徴収法の九科目が存在し、それぞれに内容が異なる他、簿記知識を求められるものもあるなど、科目ごとに求められる知識に差があります。

税理士を志すのであればいずれも押さえておきたい知識とはいえ、全科目を受講するのは現実的ではありませんので、あらかじめ受験科目は決めておいた方が無難です。

どの科目を受験するべきか

税理士資格の取得を目指す際の選択科目の選び方は、税理士資格の取得を優先した資格試験の突破を優先したものと、資格取得後の税理士としての業務内容を考慮した科目選択を行うものの二通りが考えられ、資格試験の突破を優先するのであれば、効率性や科目との相性が優先されることになりますし、どの分野に強い税理士を目指すかを念頭に置いているのなら、税理士として専門または優先的に扱う業務との関わりが深い科目を受験することで、税理士になった後に学ばなければならない事項を減らすことも可能となるでしょう。

ちなみに、税理士資格の科目の選択に悩んでいるなら、効率と利便性のいずれを重視するか検討するのが単純ですが効果が望めるでしょうが、得意な科目が明確にあるならその科目を受験した方がモチベーションを維持しやすいはずです。


この記事をシェアする