税理士になるにはどんな勉強をするの?

高度資格の取得を支援するインフォメーションサイト

資格取得のための勉強か税理士として役立つ勉強か

資格の取得に特化した勉強法

税理士資格試験は必須二科目選択三科目の計五科目を受験し合格する必要がありますが、通常、一年一科目程度が目安となっており、一年に複数科目を受験するのはセオリーではありません。

もちろん、複数科目に合格する例もあり、三科目、五科目を一度に受験して、合格した方もいることに入るのですが、三科目の一括合格でも快挙、五科目の一括合格に至っては、二〇年に一度あるかないかというレベルの難易度であることから現実的とは言い難いので、一年に一科目の合格を目指しての勉強がベターでしょう。

勉強法に関しては、長期的な努力の継続を得意とする方は継続しやすい勉強法で構いませんが、長期的な努力の継続が苦手な方の場合、資格取得講座や資格取得をサポートするタイプの家庭教師の利用も視野に入れ、勉強への切り替えをしやすくするといった工夫も必要です。

税理士になった後のことを意識した勉強

一般に、税理士資格試験の受験目的は税理士資格の取得にあることはほぼ間違いないでしょうし、これ以外の目的で税理士資格試験を受験する例は極めて稀なので考慮しませんが、税理士資格試験の勉強は試験自体の難易度が高いことから、資格試験の合格以外を目的として行われることはまずありません。

税理士資格試験で出題される問題を解くために学ぶ知識がそもそも何のためのものかというと、税理士として働くための基礎知識であるため、同じ税理士試験の勉強でも、試験のためだけに学ぶより、税理士になった後に役立てられる方が望ましいことは明白なので、詰め込み型の短時間一科目集中型の勉強のように知識の短期定着に適した勉強法よりは、その年に受ける予定の教科を主として翌年以降に受ける一教科を四対一程度の割合で混ぜるなど分散して学んだ方が、知識の長期定着が望める可能性があります。


この記事をシェアする